神社について

由緒

当浅間神社は、今から八百年前の創建と伝えられます。

鎌倉時代の文治年間(1185~90)、右大将源頼朝は、豊島郡滝野川松崎に出陣しました。

夫の身を案じた妻政子は、後を追ってここまで来ましたが、わらじの傷が痛み出し、やむなく多摩川湖畔で傷の治療をすることになりました。

逗留のつれずれに亀甲山(かめのこやま)へ登ってみると、富士山が実に鮮やかに見えました。富士吉田には、自分の守り本尊である「浅間神社」があります。

政子は、その浅間神社に手を合わせ、夫の武運長久を祈り、身に着けていた「正観世音像」をこの丘に建てました。

村人たちはこの像を「富士浅間大菩薩」と呼び、長く尊崇しました。

これが「多摩川浅間神社」のおこりです。

承応元年(1652)5月、浅間神社表坂の土どめ工事をしていたとき、九合目辺りから唐銅製の正観世音の立像が発掘されました。

多摩川で泥を洗い落としてみると、片足がありません。

そこで足を鋳造してお祀りし、6月1日に神事を行いました。

以来、ご祭礼は6月に行っております。